<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アンコールの遺跡群 2 | main | シェムリアプで迎えた不思議な新年 2 >>
シェムリアプで迎えた不思議な新年 1
宿の同じ部屋には、オーストラリアからきたタラという女の子と、韓国人の女の子2人組がいた。

韓国人の方はほぼすれ違いだったので少ししか話さなかったが、キリスト教で布教活動かボランティアかをしにきていたようだった。韓国ではキリスト教徒が一番人口が多いらしい。仏教徒よりも多いとは意外だが、歴史上の理由があるのだろうか。

まだ学生の彼女達の荷物に、アコースティックギターがあったのがとても印象的だった。


声の大きなオーストラリア人のタラの方も、学生でボランティアをしにきたとのことだった。
どこかの学校で数ヶ月間英語を教えるそうで、大きなトランクに目一杯洋服やアクセサリーをどっさり詰め込んできていた。若者だけにオシャレも大切なのだろうが、さすがにそれは多すぎじゃないかと思うほどだった。


アンコールワットの初日の観光を終えて宿に戻ると、そのタラが船上カウントダウンパーティーに行かないかと誘ってくれた。宿に置いてあったアクティビティーのチラシに載っていたもので、メコン川に浮かぶ船で食事をしながら、花火と新年のカウントダウンを楽しもうというものだ。仲良くなった別部屋の宿泊客と一緒に行く予定だから、私もよかったら来ないかと言ってくれた。


実は、あまりパーティーというものが得意ではないので、「少し考えて行く時は自分で申し込みをするよ」、と答えた。


結局は積極的にならねばと申し込みをしたのだが、これが不思議な新年を迎えることになる原因だった。



オールドマーケットをぶらつき、宿に戻ってから受付で申し込みをした。花火が中止だと言っていたが、あまり深く考えずにお金を払った。
部屋に戻るとタラは居ず、戻ってきたのは数時間後だった。

タラに申し込みをしてきた事を告げると、なんと彼女達は申し込みをしていないと言う。
ダウンタウンのバーでみんなで飲む事になったそうなのだが、問題はそれを聞いた時には船上パーティーの方の申し込み受付時間がすぎており、キャンセルもできない状態だったことだ。


花火が中止になったパーティーに一人参加。
ちょっと待ってくれと思ったが、もうどうする事もできなかった。


相変わらずの大きな声でSorryと繰り返すタラに、No problem と答えてみたものの、楽しめる予感はあまりしなかった。



集合時間になり、1階に降りる。
宿の前に古いバンが停まり、それに乗るように促される。


思い切って乗り込むと、狭い車内には白人の中年夫婦やアジア系の親子、あとはローカルっぽい東南アジア系の家族など、あまり盛り上がりしなさそうなメンツが乗っていた。





2007年の大晦日の夜は、いつもとは全く違った物になりそうだった。







2007_1231CF
アンコールワットからアンコールトムに向かう途中、
大きな石像が両サイドにいくつも建てられた橋を渡る。





2007_1231CH
その下を流れる浅い川では、のどかに何やら作業をしている人たちと
のんびり草を食む牛たちがいた。






女一人旅を楽しんでいる人、たくさんいます。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ 人気ブログランキングへ



カテゴリ:ベトナムとカンボジア | 22:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
コメント
yuki さん

返事が遅くなってすみません。
そして続きもまだ何も手つかずです。
更にすみません(^^;

しばらくやる気なしモードだったんですが、冬の足音とともに、徐々に復活し始めましたのでもうしばらくお待ちを・・・。
| Ocha | 2009/10/14 12:59 AM |
Ocha様

新年のパーティーの模様がとても気になります(笑)。
続きを楽しみにしています。
| yuki | 2009/10/04 10:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://on-a-chair.jugem.jp/trackback/112
トラックバック

スルガ銀行ANA支店