<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インド−大晦日、出会いの波が押しよせる 3 | main | インド−バナーラスで続く出会い(予告) >>
私の中のインド人像
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
 

基本的にインド人はとても親切だと思う。


Gaya 行きの電車を待っている時の話しである。
出発時刻が書かれた掲示板の前で、となりに立っていた男に電車のチケットを見せ、「私の電車は何時間遅れるの?」と聞いたのだが言葉があまり通じず困ったことがあった。すると、私たちの周りにいた人すべてが、私を助けようとこの会話に参加してきたのだ。

この日本人は多分こういっているんじゃないか?
この番号はこの電車だろう、だから〇時に出発だ。
いや、何時間遅れているかを聞いているんだよ。

そんな感じで、その場にいたインド人たちは英語、ヒンドゥー織り交ぜて話し、最終的に英語の話せる人が通訳してくれた。


インド人に取り囲まれ、あちこちから何やら言われ最初は何が始まったんだとびっくりしたが、彼らは運行表も読めない困った外国人を助けようとしてくれたのだ。


例えばこれが日本だったとしよう。
きっと、外国人に電車の時間を聞かれた日本人は、英会話に冷や汗をかきながらも、必死で伝えよう、助けようとするだろう。
しかし、周りを歩く他の人たちが足を止めることはめったにないと思う。

ところがここインドでは、周りを歩く他のひと全員が何だ何だと足を止めて集まりだし、知らない者通しが一致団結とまでは行かないが、全員で助け舟を出そうとする。

もちろん、興味を隠そうとしないインド人なので、親切と野次馬を掛け合わせた結果(失礼)だとは思うが、日本とはまるっきり違うこの感覚が、面白くもありありがたくもあった。


とかく観光地では客引きがやたらと声をかけてくるので、うんざりとして全てのインド人を遠ざけたくなってしまうのだが、そんな時ほど自分から声をかけてみることをおすすめする。


「向こうから声をかけてくるのは9割がた何かをたくらんでいる人。
でも、こちらから声をかけて助けを求めた人の9割がたは良い人で、さらに周囲の状況により別の助け舟(見物人含む)がやたら集まってくる。」


たった9日間の旅なのであまり言い切ることはできないが、今のところ、これが私の中のインド人像。


もうひとつ、インド人はとってもおしゃべり好きだ。
これは、9日間の旅+会社のインド人(2名)を見て思ったことなので、80%の確立で正解だと思う。



FH000008
いつどこで撮ったのかまったく記憶がないのだが
話しをした覚えがないのでふと見かけて撮ったか、
下手したらリクシャーに乗っていて、停車の瞬間に撮った可能性もある。
それなのに、この落ち着いた笑顔。
やはりインド人の子供からはたくましさを感じる。





ランキング参加中。ご協力お願いします。
今日はアジア旅行のランキングをチェック!
「デリーにいる」という現地在住の方のブログは面白いので必見。
あわせて奥さんの「今日の猫パンチfrimカリーの国」も読むと面白さ倍増です。


  にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ




カテゴリ:インド | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://on-a-chair.jugem.jp/trackback/68
トラックバック

スルガ銀行ANA支店