<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インド−長距離列車に乗って 1 | main | インド−夜着のアーグラー >>
インド−長距離列車に乗って 2
JUGEMテーマ:海外旅行 総合



長距離列車の中で出来ることといったら、食べるか本を読むかぐらいだ。


おしゃべり好きならその辺にいる人をつかまえて時間をつぶせるかもしれないが、特に話し好きというわけではない私は、もっぱら寝転がって本を読み、時々売り子からスナック的なものを買い食べるという、まるでお正月の三が日のようなことをして時間をつぶしていた。(実際にこの日は1月1日、元日だったのだが)



ただ、やはり窮屈なので停車するたびに外へ出てストレッチをして体をほぐした。


車内アナウンスもなければ発車時刻のかかれた電光掲示板があるわけでもない、更に言えば車掌や駅員すらどこにいるのかよくわからないここインドの駅では、出発時間=列車が動き出したとき、と考えて良いと思う。


まあ、動き出しはかなりスローでドアも手動のため開けっ放しだったりするのでさほど問題はないが、それでもあまり自分の車両から離れてしまうと、車両の連結部分の行き来ができないため自分の席に戻れない場合があるので油断は大敵だ。



ある田舎の駅に停車したときのことだ。

いつものように列車を降り、少し体を動かした。天気もまずまずで、ホームの真ん中に腰をかけられる花壇のようなものがあったのでそこで少し休むことにした。
ちょうど自分の車両のまん前で、電車に向って座ると中にいる人達と目が合いそうだったので背を向けて座った。その花壇には先客がいて、少し離れたところにサリーを着たおばさんが座っていた。


目が合ったのでナマステーと挨拶し座ると、おばさんが私のほうを向いて座りなおした。私の方を凝視しているので、きっと外人が珍しいに違いない。鼻ピアスやブレスレットなど、アクセサリーをたくさんつけていたので「きれいですね」と話しかけた。


おばさんはにこにこしながら何かしゃべるのだが、何を言っているのか全くわからない。かろうじて、英語ではない、ということだけがわかった。そうしていると、おばさんと私の間のスペースに、今度は別の若い女の人が座ってきた。彼女も、私をじっと見つめ、何かを話す。


お互いに交互に話すのだが、言葉は通じていない。でもやはりコミュニケーションは言葉だけではない。ただ何かを指差すだけでも、意思の疎通の助けになるのだ。
私が鼻ピアスを指差し何か言えば、彼女は何かを答え、今度はブレスレットを見せてくる。
天気の話しでも、政治の話しでもない。今私達はインドのアクセサリーについて話をしているのだ。

それだけでも20%は話しが通じていると言えるのではないか。



そうやって2人の女性と話しをしていると、だんだんと他の人も集まってきた。見たいものは見たい、興味があれば我慢なんてしないというのがインド人なのだ。
あっという間に10人ほどに囲まれてしまった。そのうち2人ぐらいが英語をしゃべれたので、話しが広がり始めた。


どこに行くの?
アーグラー?
タージマハルはすごいよ!


こんなに自分に興味を持ってもらえることなんて日本ではめったにない。
なんだか有名人にでもなった気分で楽しく話していると、一人が私の後ろを指差した。




「Your train」



ん?と思い後ろを向くと、なんと電車が動き出しているではないか。話しに夢中になって、すっかり油断していた。
あわてて立ち上がり、みんなに別れを告げる。動いている列車のドアに手をかけ飛び乗った。
ほっとして後ろを振り返ると、そこにいた全員が、私に向って手を振っている。


私も彼らに手を振り返す。
「アルビダー!」「ダンニャワード!」
ちびっこ達に教わったヒンドゥー語を叫ぶ。



こんにちは、ありがとう、さようなら。
たった3つの言葉が私達の距離を縮めてくれる。



名前も場所もわからない、とあるインドの駅で起こった出来事の話しだ。





DSC03750
米はぜに野菜や香草を刻んで混ぜ、スパイスをかけた食べ物。
バケツいっぱいに作り、売り歩いていた。
スプーンが木の平らなやつで、食べにくいことこの上なかったがおいしかった。




味見してみたい!と思ったひとはポチっと応援おねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ 人気ブログランキングへ




カテゴリ:インド | 00:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
コメント
さとこさん

コメントありがとうございます!
私は逆に、アジアで長距離バスの旅をしたことがありません。
クーラーが聞きすぎだとか、音楽が大音量で流れているだとか、いろいろ噂は聞きますが、次回旅に出たときはぜひ体験してみたいと思っています(^^)

先ほど、さとこさんのブログを拝見させていただきました。
フィジーで暮らしていたんですね!!
すごい!楽しそう!!

まだ最初のページしか読んでいないんですが、これからじっくり読まさせてもらいますね。
| Ocha | 2009/04/19 10:27 PM |
はじめまして。
私も三十路まっただ中、バックパッカーです。
インドはコルカタしか行っていないので、特に北部の方を旅してみたいです。
長距離バスは経験済みですが、長距離鉄道はまだ。
鉄道の旅も景色がよさそうですね。
| さとこ | 2009/04/19 11:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://on-a-chair.jugem.jp/trackback/76
トラックバック

スルガ銀行ANA支店