<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インド−タージマハルを見ないアーグラー観光 | main | インド−さよならアーグラー、こんにちはデリー 1 >>
インド−タージマハルを見ないアーグラー観光2
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


私は漕ぎ出した。

とりあえずタージマハルに向って。


ホテルの前は商店街通りのようでさまざまな店が並んでおり、また駅のすぐ裏側という立地のためか人通りが多かった。歩いている人に自転車、バイク。そしてさらには牛なども闊歩している。歩くだけなら牛の糞を踏まないよう注意するだけで良いが自転車だとそうはいかない。流れに乗らないといけないのだ。急に止まったりすれば後ろから来た自転車のおじさんが追い越しざまに睨んでくるし、前の障害物をよけるためには「私は今から右に寄ります」というオーラを出しまくっておかないとならない。


何せ、インドのこの類の道路ではマイスペースはかなり狭いのだ。


たった数百メートルの距離を何度も途中停車しながらどうにか大通りへと出た。
その大通りは車道で、片側には歩道がある。私が向うべき方向に人通りはほとんどない。よし、この先はサイクリングが楽しめる。そう思ったのもつかの間、なかなか車道を渡ることが出来ない。リクシャーと車がひっきりなしに行きかっている。乗ったままでは無理だと思い自転車を降りたが、それでもなかなか渡れない。すると見かねた警備のおじさんが寄ってきて持っていた警棒を振ってリクシャーたちを止めてくれた。


「今だ、行きな。」
そんな感じで首を傾け私を見る。


「だんにゃわぁーーどぉおぉぉぉぉぉぉぉ!!」
お礼を言いながら必死で道を走り抜ける私。



おじさん、あんた最高にかっこいいよ!
無事に渡りついた向かいの歩道にのり、自転車に再びまたがる。おじさんにもう一度目でありがとうと訴え、一路、タージマハルへと向う。歩道にはほとんど人がいない、マイスペースは充分だ。しばらく行くと道の反対側に大きなレンガの建物が出てきた。きっとアーグラー城だ。レンガの赤茶が非常に印象的な、とても大きな建物だった。


DSC03753
アーグラー城の一画
全体的に白っぽいが、インドではいつもこんな感じで霞がかかっていた。
土ぼこりや排気ガスなどのせいだろうか。




タージマハルの定休日で観光客が少ないせいなのか、それとも自転車をこいでいる日本人が珍しいのか、道路を行きかう車、リクシャー、バイクに乗る人たちが、そこまで見るか?というぐらいにこちらを凝視してくる。声をかけてくる人も多々いた。


途中道を聞きながら、タージマハルへと近づいてきた。観光客用のらくだの馬車がたくさんいたが、やはり乗っている人は少なかった。ところどころで休みながら、ようやくタージマハルの西門と思われるところまで来たが案の定門は閉ざされ中に入ることは出来なかった。少しぐらいはタージマハルが見えるかと思ったが、塀は高くちっとも中の様子はみえなかったのですぐに諦め、ぐるっと市内を一周してホテルに戻ることにした。



タージマハルから離れると、交通量の多い大きな幹線道路以外はとても静かだった。
芝生の広場で人がのんびりとくつろいでいたり、きれいな花が咲く木があったり、それまで見てきたインドとは少し違った景色だった。





私が自転車を借りたのは、ただリクシャーとのやりとりが面倒だったというだけではない。
自分で歩いたり自転車に乗ったりしていれば、気になった小道に入ったり、立ち止まって周囲を見渡したりということが非常にしやすくなるし、地図とにらめっこしながら自分で道を見つけると、その土地はぐっと身近でリアルな物になってゆくからだ。


いくらあちこちへと旅に行っても、所詮目にすることが出来るのはその国のほんの一握りの風景だけだ。自分の国ですら、いや、自分の住む町ですら今だ目にしてない場所がたくさんあるのだから、ほんの数日、数週間他の国を旅しても見ることが出来る風景というのは針の先よりも小さいのだ。
それならば、テレビや雑誌で見られる風景以外のものを見てみたいと思ってしまう。

もちろん、世界遺産や景勝地など有名どころはやっぱり見てみたいと思うし、歩き・自転車では行動範囲が非常に限られるのでリクシャーだって活用する。実際に、金曜日でなければタージマハルを見に行っていたわけだし。だから結局はどちらのプライオリティーが高いかという話なのだが。



とにかく、そんな感じでインドの町並みを楽しみつつ、ぐるっと一周してホテルまで戻ってきた。直前でホテルが見つからず前の通りを2往復半してしまったが、それでも楽しい気分でホテルの扉を開けることが出来た。




DSC03766
冬のインドではあるが、お花も少し咲いていた。




タージマハルが見られなかったかわいそうなOcha のために
ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ    人気ブログランキングへ




カテゴリ:インド | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://on-a-chair.jugem.jp/trackback/80
トラックバック

スルガ銀行ANA支店