<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東北スノーツアー 〜 月山を目指して その1 | main | インド−バックパック1週間の旅の持ち物 >>
東北スノーツアー 〜 月山を目指して その2
東北最終日はピーカン!
ゆっくり出発で体力も万全、早速月山へと向ったが旅好き先生、これははずせないよと途中SAで山形特産のさくらんぼ、佐藤錦を購入。触発された私は牛タン串焼きを(朝なのに)ゲット。


DSC04178

月山までの道から見える山は、今まで見たことのある山とは一風変わった感じだった。山肌は土が見え尾根の部分だけに木が立っていた。青森で見た木々に覆われた山とは全く違っていた。

月山も同じような地形で、ゲレンデエリアは果てしなく広くコースなんて言葉がいらないぐらいに見渡す限り一面がゲレンデだった。



DSC04180      DSC04186




リフトはペアが1本。後はところどころに設けられたロープトゥ。
これが見たことのないタイプで、乗るのに苦戦してしまった。T字になったバーを股に挟み、反対側についたリールを係りの人がロープに引っ掛けてくれるのだ。突然引っ張られる上に、股に挟む前にスケーティングをしなければならないので慣れてないとかなり難しい。

ローカルボーダーが係りの人の手を借りずに自分でリールをロープに引っ掛けて上がっていったのを見たときは尊敬の念が生じたほどだ。


それでも何とかロープトゥを攻略し、目指すは百名山、月山の頂上!
ペアリフトからロープトゥまでも結構歩いて登ったのだが、この先はもっと登らなくてはならない。板を背に持ち、黙々と登ること15分ほど。リュックしょってくればよかったと喉の渇きがピークに達した頃に頂上に到着。360度見渡せるすばらしい景色。


(だいぶ)先に到着していた先生と合流して記念撮影をしまくった。
一部地面の見えているところもあり、木道に座ってラーメン作って食べている人がいて非常にうらやましかった。やはりバーナーを持ってくればよかったと再び後悔する。



DSC04195


この後は昼食を食べ(これが予想外においしかった。特大げそ天や味噌ラーメンなど)、ペアリフトを営業終了まで流す。皆へとへとになるまで月山を堪能しつくした感じだ。


最後の最後まで滑っていたため、朝は満杯だった駐車場ががらがらになっていたほどだった。


ギアを片付け、車に詰め込み、あとは一路帰るのみ。
旅好き先生の名物に対する執着は感服するほどで、疲れきった帰り道ですら喜多方で喜多方ラーメンを食べるという業を成し遂げた。



DSC04205




渋滞をさけ常磐道から東京へ。東京手前で運転を交代した後はまったく記憶がなく、着いたよ、と家の前で起こされるまで爆睡してしまった。時間を見ると、日は変わり5日の3:00amだった。




初東北(福島以北)だった私には、今回のツアーは全てが新鮮だった。
下火になっていたボード熱も少し復活したし、白神山地は行ってみたい場所ランキングの上位に上がった。


この場をかりて、誘ってくれた先生と同僚にお礼を言います。
ありがとう!





DSC04200
今回のスノーツアーのために新調したDakine のスプリンググローブ。
やっぱりタイダイは派手ですね。





スノーツアーの記録終了!
カンボジアの旅記録にとりかかります!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ




カテゴリ:国内旅行 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://on-a-chair.jugem.jp/trackback/90
トラックバック

スルガ銀行ANA支店