<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東北スノーツアー 〜 月山を目指して その2 | main | ベトナムからカンボジアへ − プロローグ >>
インド−バックパック1週間の旅の持ち物
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


インドの話しは終わりと宣言しましたが、旅の持ち物のことを書くのを忘れていました。


今回のインド1週間の旅は、12月26日〜1月5日の冬場でした。
北の方を旅したので、朝晩は冷えると思い薄めの中綿のジャケットとフードパーカーを防寒着として持って行きました。


【出発時の服装】
 - 32リットルのバックパック
 - 中綿ジャケット
 - フードパーカー
 - ジーンズ
 - 薄手のスカート(寒くて一枚で履く事はなかった)
 - トレッキングシューズ


【バックパックの中身】
 - 着替え4日分(キャミ、長袖T、下着、靴下)
 - パジャマ代わりのヨガパンツ(上は翌日着るTシャツを着て寝ました)
 - 帽子
 - サングラス
 - ビーサン

 - 洗面セット
 - 化粧品セット
 - 日焼け止め
 - 薄手バスタオル
 - ハンドタオル

 - トイレットペーパー(モンベルの携帯用ロール
 - 薬(風邪・下痢・頭痛)
 - ウェットティッシュ(携帯用1袋のみ)
 - S字フック
 - カラビナ
 - 南京錠(小)
 - ナルゲンボトル
 - ZipLock
 - スプーン&フォーク

 - コンセント変換プラグ
 - カードリーダー
 - i-pod
 - デジカメ
 - 一眼レフ
 - 携帯
 - マグライト
 - 充電器類
 - 予備電池

 - パスポート
 - 航空券のe-チケット
 - 上記のコピー
 - 緊急連絡先のメモ(クレジットなど)

 - ガイドブック
 - メモ帳とペン
 - 暇つぶし用の本
 - 日本のお菓子(子袋入りのもの)


ざっとこんなところです。
旅にもだいぶ慣れてきたので、荷物も少なくなりました。デジカメや携帯などのACアダプターなども、購入時に海外対応のものを選んでいるので変圧器も不要です。

上記でほとんど(もしくは全く)使用しなかったものは、スプーン&フォーク。
これは手で食べる習慣のあるインドだから持って行ったのですが、私が入ったレストランではちゃんと出してくれたので。ホテルについているレストランで食事する事が多いとあまり必要ないものです。


使ったけど、いらなかったものはナルゲンボトル。
1リットルのペットボトルの水を入れ替えてたのですが、小さいサイズのペットボトルをこまめに買うほうが良かったかも。宿でお湯をもらったりする場合は必要だと思います。

あと、仲良くなった人にあげようと買っていったマヨペッパー味の柿ピーは、良く考えたら動物性のものが入っているのでベジタリアンの多いインドでは使いづらいお土産となってしまいました。日本のお菓子って、結構カツオだしとかチキンブイヨンのようなもので味付けがされていることが多いです。お土産に食べ物を買う場合は、日本語の読めないインド人でも安心して食べられるような飴などの明らかに植物性だとわかるものが良いと思います。


持っていけば良かった物は・・・

防寒着もしくはストールなど → 予想以上に寒く、途中でブランケットを購入した
カロリーメイトのような非常食 → 風邪で食欲が無い時があったので
他にもいくつかあったけど、現地で購入して問題なかったです。




【お金】
お金はUSドルとルピー、両方の現金を調達しました。
ホテルで両替が簡単にできるので、USドルで支払いが可能な場所も多いと思います。
ただ私は、持って行ったUSドルを更にルピーに両替して、ほとんどルピーで支払いました。

一番気を使ったのが、ルピーの小銭を切らさない事。100ルピー札を出そうものなら、あからさまに嫌な顔をされます(笑)5ルピーとかの物を買っているならまだしも、30ルピーとかするものでも同じです。インド人も小銭を欲している感がありました。不思議。



【クレジットカード】
クレジットは空港以外では使用しませんでした。現金を多めに持っていってしまったので使う場面がなかったです。クレジットの機械を置いているお店も見かけなかったです。(そういうお店に行かなかったというのもありますが・・・)



【キャッシュカード】
前回ベトナム・カンボジアに行ったときは簡単にATMで日本の口座に入っている現金を引き出すことができたのですが、インドではデリー以外でATMを見かけなかったです。どこかしらにあるとは思いますが・・・。

ちなみに、キャッシュカードの裏面にPlus のマークかCIRRUS のマークがあれば海外のATMで下ろすことができます。私が持っているのは新生銀行のもの。でも最近スルガ銀行ANA支店なるものの存在を知り、移行をしつつあるところです。(基本、丘マイラーです。)

新生の良いところは、年がら年中国内の引き出し手数料がタダ!振込み手数料なんかも他と比べてお安い感じがします。セブン銀行、郵便局のATMでおろせるので便利です。
デメリットは、セブン以外のコンビニで下ろせないところ。知らない土地に行くとセブンが見つからず困る事があります。


【保険】
日本でインターネットで簡単に購入できる保険に入りました。海外で病気にかかって治療を受ける場合、かなり高額になるので念のため。とは言っても、一番安いやつを選びますが。空港にも自販機があるので、待ち時間とかに簡単に手続きできます。5000円弱





思い出せる限り書いてみました。
持ち物はその人の旅スタイルや何に重きを置くかでだいぶ違ってくるので、これが正解とかはありませんが、多少でも参考になれば幸いです。



参考にならずともぜひ・・・。ポチ!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ 人気ブログランキングへ




カテゴリ:インド | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
コメント
ikum!さん

コメントありがとうございます。
インド、行かれるんですねー。うらやましい!(笑)

少しでも私のブログがお役にたったかと思うととてもうれしいです。
ぜひぜひ楽しんできてくださいね♪
| Ocha | 2009/07/05 12:22 PM |
はじめましてo(_ _*)o

今月末にインドに行く事になり、持ち物ナドをキーワードに検索していたら、0chaさんのBLOG発見☆拝見させて頂きました( оω о )参考にさせて頂きます。

私も静岡在住でなんだか(勝手に)親近感沸いてしまってコメントさせて頂きました( ′ω `pq)


| ikum! | 2009/07/04 9:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://on-a-chair.jugem.jp/trackback/91
トラックバック

スルガ銀行ANA支店